Fileflo 5 の新機能


以下は Fileflo 4 に比べ、Fileflo 5 から新しく加わった機能です。

Windows 95 完全対応

Fileflo 5 は今までの Fileflo 4.0 の機能をすべて受け継いだ上に、完全 32-bit 対応アプリケーションとして生まれ変わりました。

新GUI(グラフィカル・ユーザインターフェイス)

インデックスによる選択、検索、およびキーワード検索が、新しいタブ付きダイアログボックスからおこなえます。新しくなったユーザインターフェイスとして、色付きアイコン、ツール案内、右マウスボタン メニュー、メインメニューが再構成されて使いやすくなりました。

2画面表示とサムネイル

同時に2イメージ、2グラフィック形式、2テキスト、表形式またはデータベース文書など、いろいろな組み合わせによる2画面表示ができます。また、複数ページのサムネイル表示が可能です。

新インストーラ

ウィザード形式によるインストールプログラムは、初期インストール、更新、削除がWindows 95のシステムファイルを更新しながらおこなえます。

CD ビルダー

Fileflo CD ビルダーは、Fileflo と融合しながらより高機能に、そして高パフォーマンスに実現されました。また、CD-ROM へのデータベースのバックアップ機能も加わりました。ハードディスクで利用していたイメージデータを CD-ROM に移動できますので、主に新しいデータに頻繁にアクセスに行く場合、大容量に容易に対応できます。

カラースキャン

従来の ISIS ドライバーに加え、TWAIN 対応のカラーグレースケールスキャナをサポートします。文書中のどこにでもカラーのグラフィック形式ページを挿入できます。

文書の操作、表示

より高精度な表示と、より速い表示ができるようになりました。スケール ツーグレーによって、白黒文書の画面イメージが格段に見やすくなりました。新規サポート文書フォーマットとしてマルチページ TIFFも追加され、異なるビットマップイメージやカラーグラフィックページを一つの文書に混在して登録表示ができます。また、より細かな拡大倍率によってズーミングが可能になりました。

アノテーション

新しく加わったアノテーション機能により、イメージ文書上にマーカー、ポストイットメモ、音声などでページ説明を加えることができます。この追加はオリジナル文書を損なうもの(変更、改ざん)ではありませんので文書保全からみて安心です。

構成およびオプション設定

ユーザの好みによって管理者用の構成や画面表示等を変えることができます。

Index の一括変更

”Global Change”機能により、選択された文書のインデックス情報を一括して変更できます。

データベースのTCP/IP

データベースのロックマネージャを通信プロトコルTCP/IP の元でも動かすことができます。

 

Fileflo 5 で向上した機能


より速く、より柔軟になった印刷

イメージおよびグラフィックの印刷は以前より高速になりました。イメージが印刷範囲に合わせてより正確に印刷できます。必要な部数も指定できます。

完全 32-bit 対応データベース・エンジン

32-bit 完全対応となり、以前のバージョンより検索速度が向上しています。

インポート/エクスポート

インポートできるファイル形式が増えました。

OCR

完全32-bit 対応となり、より速く正確な認識が可能になりました。

バッチ処理

以前のバージョンに比べ、よりスムーズに速くバッチ処理ができるようになりました。

イメージ検索速度

すべての保存メディアに対してのイメージ検索、効率、表示が向上しました。