Fileflo の仕様


■ システム動作環境 (Fileflo 5.1)

    シングル ユーザ版 ネットワーク版
サーバ クライアント
ハードウェア コンピュータ Intel 80486, Pentium ベースのAT互換機 同左 同左
CPU

Intel 80486, Pentium

同左

同左

メモリ 32MB以上 64MB以上 32MB以上
HD装置

200MB以上を推奨
(プログラムに約50MB使用)

1GB以上を推奨(プログラムに約50MB使用) 200MB以上を推奨
(プログラムに約50MB使用)
CD-ROM装置 インストール用 同左 同左
ディスプレイ 1024x768以上を推奨 640x480以上 1024x768以上を推奨
プリンタ Windows対応
レーザプリンタ
同左 同左
NIC - OS対応機種 同左
バック アップ装置 参照1 同左 -
イメージ スキャナ ISIS または TWAIN 対応
参照2
- ISIS または TWAIN 対応
参照2
光ディスク装置

Windows 対応
参照3

同左

同左

光Jukebox

参照4

同左

同左

CD-R 参照5 - 参照5
OS - Windows 95またはWindows NT Windows NT 4.0 を推奨(WindowsNT 3.51 以降, NetWare 3.12 以降, LAN Manager 2.1 以降 IBM LAN server 4 以降 OS/2 Warp Server 4 以降 Lantastic 4.0 以降) Windows 95またはWindows NT

(コメント: 細かく上表に記載していますが、一般のWindows のファイルサーバとクライアント環境さえあれば問題ありません。)

 

■ 製品仕様

製品名 Fileflo 5 for Windows

製品タイプ: ドキュメント管理およびイメージング ソフトウェア

OS: MS-Windows 32-bit 対応

サポートネットワーク: Windows NT, NetWare などの NetBIOS 対応ネットワーク OSが必要。 ファイルサーバまたはピア・ツー・ビアのネットワーク。通信プロトコルとして TCP/IP, NetBIOS(NetBEUI), または SPX/IPX。ライセンスマネージャには TCP/IP が必須。

イメージ形式:スキャンまたはインポートされるイメージは、業界標準であるネイティブTIFF ファイル形式。

ページ保存: 単ページ TIFF またはマルチページ TIFF からインポートされた単ページ。

解像度: スキャナに依存

最大イメージファイルサイズ: 最大 8,000 ピクセル/幅(200dpi で40インチ : 101.6cm)、高さは RAM 容量に依存。

圧縮: CCITT Group 3(1D), CCITT Group 4(2D) または 非圧縮形式

インポート グラフィックス形式: TIF(All Tiff), BMP(Uncompressed BMP), CAL, CALS, CLIP, DCX, DIB, EPS, IMG(GEM IMG), GIF, CUT(HALO CUT), IMN(IMNET), JPG(JPEG), KFX(Kofax), MAC(MAC Paint), ICO, MSP(Microsoft Paint), PCX, PCD(Photo CD), PSD(PhotoShop), PCT, SGI(SGI Image Format), GX2(Story Board), RAS(Sun Raster), TGA(TARGA), WMF(Windows metafile), WPG

(注意:各ファイル形式のバージョンによっては互換性がない場合がありますので、確認してください。)

Fax 形式: DCX および AWD

E-Mail : MAPI 互換対応(MS-Exchange, Lotus cc:Mail 等)

テキストデータ形式: ワープロ、スプレッドシート、データベース 、テキスト、および インターネット(HTML), AutoCAD(DXF) 等のファイル。(日本語対応は今後予定)

データベース形式: 32-bit シングルまたはネットワーク対応/リレーショナル型データベースモデル。最大240 個のデータベースをサポート。

データベース性能:文書レコード当たり60 ms 以内のアクセス速度、200,000レコード以上に対応。

データベースの拡張性:シングルユーザからマルチユーザ版へ移行可能。

イメージ、文書容量: 最大1兆ページを越える総イメージページ最大2億5千万を越える文書イメージおよびテキスト文書の保存が可能。最大4,095ページ/文書。

インデックス・フィールド:ユーザ定義による8フィールドに加え、登録日付およびページフィールド。最大32バイト(16漢字)。インデックス名は12バイト(6漢字)。

キーワード:ページまたは文書に対して最大1,600万のキーワード。26バイト(13漢字)。

OCR : 英数字対応 OCR。

OCR ゾーンによるインデックス:最大32ゾーン(フォーム)を設定しインデックスに取込み可能。

バッチ処理:ISIS ドライバを利用したバッチスキャン、バッチインデックス、およびバッチ外部入力。複数ユーザからバッチの同時処理可能。

出力:イメージファイルおよびインデックスデータ(キーワードを含む)の出力。

ノート・ページ:1ページに4095 バイトまでのメモの添付が可能。

ページ・アノテーション:矢印、スタンプ、添付メモ(透明、非透明)、マーカー、音声。

検索機能:

文書の検索: Index の組合せにより、AND/OR、前方一致、完全一致または“ワイルドカード(*,?)”検索、大小英文字の区別、日付の範囲。

文書の絞込み選択Index サーチフィールドの組合せにより、AND/OR、前方一致、完全一致または“ワイルドカード(*,?)”、大小英文字の区別、日付の範囲

ページの検索:キーワードリストまたはキーワード入力により、16階層ネスティングまでの AND/OR/NOT 検索選択